閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

越前漆器

越前漆器(えちぜんしっき)

産地:福井県鯖江市

越前漆器は、約1500年前の古墳時代の末期、後の第26代継体天皇に黒塗りの椀を献上し、その光沢の見事さに深く感銘して大いに奨励されたことが始まりと伝えられています。江戸時代の末期には、これまでの堅牢さに加え、蒔絵の技術や沈金の技法も取り入れられ、華麗な装飾性を帯びることになりました。明治時代のなかば、越前漆器は転換期を迎えます。それまで丸物と呼ばれる椀類がほとんどだったのが、角物と呼ばれる膳類なども作られるようになり、重箱、手箱、盆、菓子箱、花器など一挙に多様な製品が生み出されました。現在では、国内の外食産業用・業務用の漆器の80%以上が鯖江市で生産され、先進的な越前漆器のスタイルを全国へ発信しています。