文字サイズ

千葉みなとショーウィンドーギャラリー

京葉銀行では、芸術文化を発信する場として、
千葉みなと本部(千葉市中央区千葉港)のショーウィンドーにギャラリーを設置しています。

  ショーウィンドーケースの修理・保全のため、2019年7月30日(火)~9月30日(月)まで、作品の展示を休止させていただきます。
  楽しみにしていただいている方には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  なお、10月より新しい作品を展示してまいります。

「日本の伝統」というテーマで、私たちの暮らしの中にみられる伝統的な良きものを様々な角度から見つめ直して、毎回ご紹介していきます。

2019年4月~2019年9月

ものづくり×伝わる場所

 京葉銀行ショーウィンドーギャラリーでは、「日本の伝統」として、これまでさまざまなテーマで伝統工芸品をご紹介してまいりました。今年度は、伝統を重んじながらも新しいものづくりに励んでいる職人の息吹が伝わる工芸品を厳選し、展示してまいります。今回のテーマは、「光風(こうふう)」です。風がそよぐ晴れた日に、静かに作品と向き合える空間を演出しています。高度な技術により磨き抜かれた気品のある展示品の数々をお楽しみください。

  • 詳しくはこちら

ショーウィンドーギャラリー アーカイブス

過去のショーウィンドーギャラリーの展示内容がこちらからご覧いただけます。

日本の伝統(2015年4月〜)

 1〜3月4〜6月7〜9月10〜12月
2019年 「洗練」 「光風」
2018年 「冬を感じる」 「風趣」 「洗練」
2017年 「あたたかな冬」 「春を感じる」 「夏を感じる」 「秋を感じる」
2016年 「冬言葉/冬色」 「楽しい春」 「涼しむ夏」 「美味しい秋」
2015年 「春言葉/春色」 「夏言葉/夏色」  「秋言葉/秋色」 

 

  • IR情報に関するお問い合わせ
  • 京葉銀行の「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」