閉じる

ポイントサービス

投資信託・外貨預金・公共債のご注意点

投資信託のご購入に際してのご注意

* 投資信託は預金ではありません。また、京葉銀行が元本を保証するものではありません。

* 投資信託は預金保険の対象ではありません。また、京葉銀行でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。

* 投資信託の運用による損益はお客さまに帰属します。

* 投資信託は価格が変動する有価証券等に投資するため、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。また、分配金は預金の利息とは異なり、増減したり、支払われないことがあります。

* 有価証券投資に伴う主なリスクには、金利変動リスク、為替変動リスク、株価変動リスク、株価指数先物リスク、 信用リスク、カントリーリスク、不動産価格変動リスクなどがあります。

* 投資信託に関する費用等は次の通りとなります。
<申込手数料>お申込金額に対し、最高3.24%(税込み)
<信託報酬>純資産総額に対し、最高年率2.052%(税込み)
<信託財産留保額>ご換金時の基準価額に対し、最高0.5%
その他監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、外貨建資産の保管費用、信託事務の諸費用等が信託財産の中から差し引かれます。なお、当該費用については、運用状況等により 変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。上記手数料等の合計額については、お客さまが投資信託を保有される期間等に応じて異なりますので、表示することができません。

* 投資信託の換金には日数がかかります。さらに、投資信託によっては、換金日に制限があるものがあります。

* 京葉銀行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は投資信託会社が行います。

* 投資信託は金融商品取引法第37条の6の規定に基づく書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。

* 本資料は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。投資信託のお申し込みに際しては必ず最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面をご覧いただき、商品の内容およびリスクの所在を十分にご確認のうえ、お客さま自身のご判断でお願いします。

* 最新の投資信託説明書(交付目論見書)は京葉銀行の本支店の資産運用窓口にご用意しています。 なお、インターネット専用投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)は、店頭にございませんので、当行のホームページ上でご閲覧下さい。

* 当行で取り扱う投資信託の分配金と売買益は、復興特別所得税を付加した20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税金が差し引かれます。(NISA口座の枠内購入分は除く)

外貨預金のお取引に際してのご注意

※ 外貨預金には為替変動リスクがあります。
為替相場の変動により、お受け取りの外貨元利金を円換算すると、当初お預入時の払込円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

※ 円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(引出時)は手数料(注1)がかかります。
円貨でのお預け入れおよびお引き出しの際は、手数料分を含んだ為替相場である当行所定の「外貨預金預入相場」、「外貨預金払出相場」をそれぞれ適用します。
したがって、為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料(注2)がかかるため、お受け取りの外貨元利金を円換算すると、当初お預入時の払込円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

※ 外貨スウィングサービスでのお預け入れの際は手数料(注3)がかかります。

窓口・ATMでのお取引《為替手数料/1通貨単位あたり》

通貨 (注1)為替手数料(片道) (注2)為替手数料(往復)
米ドル 50銭 1円
ユーロ 75銭 1円50銭
豪ドル 1円25銭 2円50銭
英ポンド 2円 4円
カナダドル 80銭 1円60銭
ニュージーランドドル 1円25銭 2円50銭

インターネットバンキングでのお取引《為替手数料/1通貨単位あたり》

通貨 (注1)為替手数料(片道) (注2)為替手数料(往復)
米ドル 40銭 80銭
ユーロ 60銭 1円20銭
豪ドル 1円 2円
英ポンド 1円60銭 3円20銭
カナダドル 64銭 1円28銭
ニュージーランドドル 1円 2円

* 上記は、個人のお客さまがインターネットで外貨預金をお取引いただく際の為替手数料です。法人のお客さま向けインターネットサービスの為替手数料とは異なりますのでご注意ください。

外貨スウィングサービスによる外貨普通預金へのお振替《為替手数料/1通貨単位あたり》

通貨 (注3)為替手数料
米ドル 40銭
ユーロ 60銭
豪ドル 1円
英ポンド 1円60銭
カナダドル 64銭
ニュージーランドドル 1円

※ 外貨現金など外貨でのお預け入れおよびお引き出しの際は、原則、手数料がかかります。
例えば、外貨現金でのお預け入れおよびお引き出しの際は、1米ドルあたり2円、その他の通貨では最大で1通貨単位あたり8円(ただし、通貨種類により、お引き出しの際は1取引最低1,500円)。
その他の方法によるお取引については、お預け入れ・お引き出し方法やお取引時点の為替相場により異なるため、手数料等の金額およびその合計額、それらの上限額または計算方法をあらかじめお示しすることはできません。
くわしくは「外貨預金に関わる手数料」をご覧ください。なお、お取り扱いは、原則、お申し込み日の翌営業日以降となります。

※ 外貨預金は預金保険の対象ではありません。

※ くわしい商品内容は店頭またはホームページの商品説明書をご覧ください。

※ 外貨預金のお申し込みに際しては、「契約締結前交付書面兼外貨預金等書面」を十分にお読みいただき、外貨預金のしくみやリスク、手数料などの商品内容をご理解のうえ、お客さまご自身の判断でお願いします。

公共債に関するご注意事項

※ 公共債は預金ではありません。また、京葉銀行が元本を保証するものではありません。

※ 公共債は預金保険の対象ではありません。また、京葉銀行でご購入いただいた公共債は投資者保護基金の対象ではありません。

※ 公共債は、金融商品取引法第37条の6の規定に基づく書面による契約の解除(クーリングオフ)の適用はありません。

※ 公共債は発行体である日本国政府・地方公共団体等の信用状況の悪化等により、元本や利子の支払が滞ったり、支払不能が生じるリスクがあります。

※ 公共債(個人向け国債を除く)の価格は、金利水準の変化や発行者の信用状況に対応して価格が変動しますので、償還日より前に換金する場合にはお受取金額が投資元本を下回ることがあります。

※ 京葉銀行で公共債の中途換金のお申し込みは、利払日・償還日を起算日として11営業日前から5営業日前までの期間はできません。

※ 個人向け国債は、発行から1年間、原則として中途換金はできません。

※ 個人向け国債を中途換金する際、原則として(注1)下記により算出される中途換金調整額が、売却される額面金額に経過利子を加えた金額より差し引かれますので、換金時の受取金額は投資額を下回ることがあります。
変動10年:直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685
固定5年:2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685
固定3年:2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685

(注1)発行から一定期間の間に中途換金する場合には、上記の中途換金調整額が異なることがあります。くわしくはお取引店にお問い合わせください。

※ 公共債の中途換金の代金は、申込日を起算日として4営業日目に指定口座にご入金します。

※ 公共債の利子は、受取時に復興特別所得税を付加した20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税金が差し引かれます。

商号等:株式会社京葉銀行登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号
加入協会:日本証券業協会

平成26年4月1日 現在