文字サイズ

振り込め詐欺

オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺等の総称です。これらは、銀行の窓口やATMでお金を振り込ませるタイプの詐欺で、新聞やテレビで活発に注意喚起がされている犯罪ですが、その被害は現在も増加傾向です。
不審に感じたときは、お金を振り込む前に、家族や知人に相談してください。お近くの警察署にもご連絡ください。

出典: 「警視庁HP」より

振り込め詐欺の手口について

オレオレ詐欺
電話で家族や警察官、弁護士などを装い、交通事故の示談金や借金返済、妊娠中絶費用などが必要であると偽って、お金を預金口座に振り込ませてお金をだましとる詐欺です。

まずは一度、電話を切ってください。

犯人は名簿などを入手していて、予めご家族の生年月日や職業をを把握している可能性がありますので、犯人に電話で本人確認をするのはやめましょう。
脅迫を受けたり、「急いで」と言わることがありますが、焦らせることが犯人の手口です。 落ち着いて、本人や家族に電話をかけて事実確認をしてください。
それでも事実確認ができない場合は、京葉銀行の相談窓口または、最寄りの警察に相談をしてください。

確認戦士カクニンダー

融資保証金詐欺
債務をかかえる人に、金融機関などを装って、金銭をだまし取る詐欺です。
「融資する条件として、保証金が必要」などと、言葉巧みに現金を預金口座等に振り込ませようとします。

還付金等詐欺
税務署員などを名乗り、還付金があると称してATMコーナーに誘導し、現金を振り込ませる詐欺。
電話で税務署、区役所などの職員を装い、「医療費控除や税金を還付する」などとあたかもお金が戻ることをアピールし、相手を安心させます。そして、言葉巧みにATMコーナーに誘導し、犯人の口座にお金を振り込むよう操作をさせます。

インターネットオークション詐欺
インターネット上のオークションサイトにおいて、嘘の情報を流して、現金を預金口座に振り込ませてお金をだましとる詐欺です。

金融犯罪の手口について

振り込む前に必ず事実確認をしましょう

  • 電話、郵便、電子メール等により現金を預金口座に「振り込め」という請求に対しては、すぐに振り込まず、ご家族などに連絡を取り、本当に支払う必要のある請求か、必ずご確認ください。
  • 事実かどうかを確認するために、ご家族の携帯電話番号や勤務先の電話番号などを把握しておき、いつでも確実に連絡が取れるようにしておきましょう。
  • 家族を名乗る者からの「振り込め」という請求には、相手に家族にしかわからない質問をしてみましょう。
  • 携帯電話の番号が変わったという電話には、必ず元の電話番号にかけ直すようにしましょう。
  • 電話がつながらないときや、連絡先がわからないときは、警察に連絡しましょう。

動揺しない、慌てない

  • 電話を切ったあと、すぐに事実を確認する気持ちでいてください。
  • 警察や銀行などがキャッシュカードを受け取りに行くことは絶対にありません。
  • 役所や公的機関がATMを操作させお金をお返しすることはありません。
  • 脅迫めいた言動を受けることもありますが、毅然とした態度で接し、すぐに警察に通報してください。

その他の事例

お困りのお客さま

金融犯罪の被害に遭われた可能性があるお客さま

まずは下記のご連絡先より、各窓口へお電話ください。

ご連絡先はこちら

通帳・カード・印鑑を紛失されたお客さま

すぐにご連絡ください。
お客さまの口座から預金が引き落とされたり、通帳やカードが不正に利用される可能性があります。
京葉銀行では365日24時間受付けております。

ご連絡先はこちら

くわしくは京葉銀行の窓口またはダイレクトサービスセンターまでお気軽にお問い合わせください。

京葉銀行ダイレクトサービスセンター フリーダイヤル 0120-8789-56(自動音声に従って9#→2#)携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

受付時間 9:00~21:00 (祝日および12月31日~1月3日は除きます)

  • インターネットバンキング ログオン
  • サービスのご案内
  • アルファダイレクトバンキング お申し込み
  • 不正アクセスからしっかりガード nProtect:Netizen
  • フィッシング対策ソフト PhishWall
  • 京葉銀行スマートフォン専用アプリ
  • 京葉銀行 スマートフォンサイト
  • 京葉銀行 モバイルサイトはこちら
  • ファイナンシャルプランニングシミュレーション