文字サイズ

その他のお知らせ

2016/02/03

京葉銀行の「事業性評価への取り組み」とその「事例」について

~企業価値の向上、経済の持続的成長と地方創生への貢献に向けて~

 株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、地方創生への取り組みの一環として、平成27年5月より、当行のお取引先である地域の中核企業60社を対象に、営業店と本部の連携による事業性評価に取り組んでおります。
 その取り組みの中から、コンサルティング機能の発揮により、ビジネスマッチングとファイナンスの実施などの事例も出てまいりましたのでお知らせします。


【目的】
 当行は千葉県の地域金融機関として、地域の産業を支え、そして地域経済を活性化させていくことを目的に、財務諸表等による「財務面」だけではなく、事業の内容や成長可能性などの「事業面」を捉えた事業性評価による取り組みを実施しています。

 従来、各営業店にて事業性評価に基づいた融資取り組みも推進しておりますが、今回の地域の中核企業60社への事業性評価は、中長期的な地域の活性化へ向けたコンサルティング機能の発揮に軸足をおいております。

【事業性評価への取り組み】
 営業店と本部が連携し、事業環境や事業戦略、強みと弱みなどをヒアリングし、今後目指すべき方向性を、地方創生の観点を加えて導き出しています。

 対象先の企業は、県内を3エリアに分け、地域ごとの特性を考慮しています。「北西部」は人口が密集し宅地造成が進行することから不動産業など、「東部」は成田空港に近いことから関連するサービス業など、「南部」は観光業や農業などの業種を選定しています。

 現在までに42社の事業性評価を終了しており、今年度までに60社全先を実施する予定です。


【事業性評価に基づいた事例 1】
 ○住宅建設の県内大手である「株式会社新昭和」様
  ・今後も住まいと暮らしを提供する上で、施工の強靭化と建設規模の拡大化などの必要性の観点から、
   基礎工事部分の下請けニーズあり。
  ・当行のお取引先の中から、基礎鉄筋業務を専門とする企業メークス株式会社を紹介し、マッチング成立。商取引開始。


【事業性評価に基づいた事例 2】
 ○特許技術を持つ建築基礎鉄筋製造業の「メークス株式会社」様
  ・今回の株式会社新昭和とのマッチングにより、発生する受注契約の売掛債権を担保とするABL(動産・債権担保融資)を
   活用し、当座貸越枠30百万円を、平成28年1月29日に新規開設。
   ※売掛債権を担保とするABLの当行1号案件。
   ※本件ABLについては「経営者保証に関するガイドライン」に基づき、経営者保証に依存しない取り組み。
  
・さらなるソリューション提供により、設備資金の借換えと新たな長期運転資金をあわせ総額420百万円を、平成27年4月に
   業務提携を開始した昭和リース株式会社の動産評価をもとに設備機械を担保とするABL(動産・債権担保融資)を活用し、
   平成28年1月29日に取り組み。
   ※昭和リース株式会社との業務提携による当行1号案件。


【参考/事業性評価が求められる背景】
 平成27事務年度金融行政方針では、国内で活動する金融機関については、営業地域における顧客層のニーズを的確に捉えた商品・サービスの提供を行うとともに、地域の経済・産業を支えていくことが求められています

 また、担保・保証に依存する融資姿勢を改め、取引先企業の事業の内容や成長可能性等を適切に評価(事業性評価)し、融資や本業支援等を通じて、地域産業・企業の生産性向上や円滑な新陳代謝の促進を図り、地方創生に貢献していくことが期待されています。


 京葉銀行は、引き続き産業全体や取引先企業の課題・ニーズの的確な把握等を踏まえた事業性評価を実施し、地方創生に貢献するべく取り組みしてまいります。

 

 

 

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会