文字サイズ

その他のお知らせ

2016/02/01

国際協力銀行と海外州政府との「海外進出に係る業務協力覚書」に基づく提携協力金融機関への参加について

  株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、株式会社国際協力銀行(総裁 渡辺博史)と海外州政府(メキシコ合衆国 アグアスカリエンテス州・ハリスコ州)が締結した「海外進出支援にかかる業務協力覚書」に基づき提携協力金融機関として参加しました。

1.「海外進出支援にかかる業務協力覚書」に基づく提携協力金融機関への参加日 
     平成28年2月1日(月)

2.目的
   メキシコは、マーケットの成長性や安価で若い世代の労働力等を背景に、自動車メーカーをはじめとする数多くの大手日系企業が進出しており、それらの企業に追随した中堅・中小企業の進出も見込まれます。
  ※メキシコは、国際協力銀行が実施した2015年度海外直接投資アンケートにおける中期的有望事業展開国では6位、業種別では自動車分野において1位となりました。

  当行としても、今後、地元中小企業による中南米への進出機運が高まるものと考え、積極的な情報提供・発信を行うことを目的として、今回提携協力機関として参加いたしました。

3.主なサービス内容
  ①メキシコの経済・投資環境情報のご提供
  ②メキシコにおけるビジネスパートナー候補の紹介
  ③現地で事業を行うために必要な事業許認可取得のサポート
  ④現地職員採用方法などに関するアドバイザリーサービス
  ⑤現地視察ミッションの受け入れ
※メキシコ州政府と締結した覚書となるため、非金銭面でのサービスになりますが、金融面でのサービスについては、州政府を通じて地場銀行の紹介を行います。

4.覚書締結のイメージ
Jbic


  京葉銀行では、今まで国際協力銀行を通じた現地銀行との提携により、海外進出企業の口座開設をはじめとする金融面のサービスを実施しており、事例も出ております。
  今後も、お客さまの動向に沿った提携を積極的に図るとともに、非金融面のサービス (ITシステム、海上保険、貿易保険、リース、国際物流、不動産、人材関連など)と合わせ、総合的、複合的なサービスを提供してまいります。

 

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会