文字サイズ

その他のお知らせ

2015/12/22

浦安市の地域活性化に向けた産官連携による協定の締結について

~「地域包括ケアシステム」の構築へ~

 株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、平成27年12月22日(火)、浦安市(市長 松崎秀樹)、医療法人社団やしの木会浦安中央病院(院長 高須信美)およびミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)と、「浦安市東野地区における複合施設建設に関する連携協定書」を締結し、同地区での複合施設建設の進め方や建設後の施設の利用方法について、相互に連携してまいります。

【背景および目的】
 当行は、お取引先である浦安中央病院の移転計画に際し、同病院が市民に根付いた市民のための病院であることから、地域包括ケアシステムの構築などを目指す浦安市と、その“まちづくり”の趣旨に賛同するミサワホームとをコーディネートし、その協力のもと、同病院の移転をプランニングいたしました。
 これにより、医療、介護、介護予防、生活支援、保育を一体提供する施設とすることとし、子どもから高齢者までが健やかに安心して暮らせる“まちづくり”につながるよう、4者による連携を実施します。
 なお、このようなケースは県内にはまだ例がなく、医療行政が進める「地域包括ケアシステム」の構築を支援するとともに、今後のモデルケースになるものと考えます。

【建築計画概要】
○移転後の浦安中央病院
 ・住所地    浦安市東野3丁目11番の1部(敷地面積1,553.73㎡)
 ・構造     鉄筋コンクリート造 地上5階建て(延床面積2,768㎡予定)
 ・施設概要  入院設備(医療療養28床 一般44床)、病児後保育施設など

○複合商業施設
 ・住所地    浦安市東野3丁目11番・12番の各1部(敷地面積1,752.15㎡)
 ・構造     鉄筋コンクリート造 地上6階建て(延床面積2,920㎡予定)
 ・施設概要  3~6階 賃貸住宅
           1~2階 商業施設(保育所、地域包括支援センター、調剤薬局、飲食店、ATMほか)
 
 
【完成予想イメージ】
urayasu1.png

 

【入居テナントイメージ】
urayasu2.png
※建築計画については今後の連携協議により変更となる場合があります。
  営業開始は、2018年(平成30年)4月を予定しています。


【事業関連イメージ】
urayasu3.png