文字サイズ

その他のお知らせ

2015/09/17

県内地方銀行初!パーソナルロボット「Pepper for Biz」の導入について 

 株式会社京葉銀行(頭取 小島信夫)は、ソフトバンクグループが開発した人型ロボットのPepperを、本年度内を目処に一部の店舗に試行的に導入することを決定しました。
 
なお、このたび導入するPepperは、10月1日よりソフトバンクグループが受け付けを開始する法人モデルとなる「Pepper for Biz」のモデルです。

【背景】
 
「Pepper for Biz」は、「クラウドAI(人工知能)」を活用したコミュニケーションに重点を置いたパーソナルロボットで、人間の感情認識機能を持ち合わせております。
 
オムニチャネル化への取り組みを進める当行としては、銀行に来店されるお客さまへのサービスの向上において大きな可能性を秘めていると考えます。

【今回の取り組みと目的】
 
試行の第一弾として、下記(※)の通り「船橋駅前支店」に導入し、お客さまに新たな接客対応をご体験いただきます。具体的には簡単な商品案内などを行う予定です。(導入時期等詳細につきましては、決定次第あらためてお知らせいたします。)

(※)・年内を目処に店舗内を改装しており、お客さまに更に快適にご利用いただける環境を整備している点。
   
・店舗の1F・2Fについて、業務内容により階層を分けており、お客さまをご用件に応じて行員が各階へ
    ご案内する必要がある点。
   
・ターミナル駅である船橋駅に隣接する店舗であり、ATMをはじめ、ご来店されるお客さまが多い点。


 
今回「Pepper for Biz」の導入により、行員のサポート役を務めることで、円滑なお客さまの誘導が可能になると考えます。
 
また、上記サービスにつきましては、ソフトバンクのPepperを活用し、当行が独自に実施するものです。
 
なお、将来的には銀行サービスとの連動等により、一層の店頭サービスの拡充を図っていきたいと考えております。


 
京葉銀行では、これからもIT投資を積極的に行うことで、お客さまへの利便性向上を図り、より質の高いサービスを提供してまいります。

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会