文字サイズ

平成19年3月12日

業務委託先からのお客様情報流出について


今般、弊行の業務委託先である大日本印刷株式会社において、弊行のお客様への情報誌発送作業のために預託したお客様情報が外部へ流出した事実が確認されました。
  このような事態を招きましたことは、誠に申し訳なく、心より深くお詫び申し上げます。 本件発覚の経緯と内容、並びに弊行の対応については以下の通りです。

1.発覚の経緯について
  平成19年2月21日(水)付朝刊各紙に掲載された記事で、大日本印刷株式会社が同社の取引先から預託された個人情報が流出した事実を知りました。
  同日午前、大日本印刷株式会社へ本件についての説明及び弊行が預託している個人情報が該当しているか確認するも警視庁の捜査中ということで断定は出来ませんでした。
  平成19年3月6日、大日本印刷株式会社より犯人の自宅から押収されたデータの中に弊行が預託したお客様情報が含まれている可能性がある旨連絡を受けデータを確認した結果、相違ないことが判明しました。
 
2.情報流出したお客様情報について
  お客様数 56,478名
  お客様情報 お客様氏名、住所、郵便番号、電話番号、性別、生年月日、店番、CIF(お客様番号)
  情報流出したデータ 弊行が平成15年9月にデータ作成し大日本印刷株式会社へ預託したお客様情報
 
3.今後の対応について
  捜査当局によれば現在までに、流出が判明したお客様情報に関係すると思われる被害等は発生しておりません。
情報流出に該当するお客様には、早急に書面によりこれまでに判明している事実関係のご説明及びお詫びをご通知申し上げる予定です。
  なお、今後万が一新たなお客様の個人情報が外部へ流出したことが判明した場合には、事実関係を十分調査したうえで該当するお客様への対応をさせていただく所存であります。
  現在までに今回の流出したお客様情報に関して外部からのお問い合わせや弊行に対する不正要求等問題となる事象は発生しておりません。
  弊行といたしましては、今回の事態を真摯に受け止め、業務委託先を含め再発防止に向け万全を尽くしてまいります。
 
本件に関するお客様専用のお問い合わせ窓口は以下の通りです。
     
・京葉銀行ダイレクトサービスセンター
  専用フリーダイヤル: 0120-890-258
  受付時間: 3月12日(月)~3月25日(日)は午前9時より午後8時
    3月26日(月)から月曜~金曜日の銀行営業日は午前9時より午後5時
     
・大日本印刷株式会社 コールセンター
  専用フリーダイヤル: 0120-224-057
  受付時間: 午前9時より午後8時(土・日・祭日も受付)
     
以  上
 

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会