確定拠出年金

確定拠出年金の位置づけ
確定拠出年金とは、年金資産を自己責任で運用し、運用成果によって将来受け取る年金額が異なる、全く新しいタイプの年金制度です。
日本の確定拠出年金は、アメリカの「内国歳入法の401条(K)項」に規定された年金制度をモデルにしているところから、「日本版401(K)」と呼ばれています。
確定拠出年金の役割
確定拠出年金は、公的年金に上乗せする年金の1つです。
企業や個人が任意に公年金に上乗せする部分として、従来から、企業の従業員にとっては厚生年金基金や確定給付企業年金が、自営業の方には国民年金基金がありました。
確定拠出年金は、これらと並ぶ選択肢の1つです。
企業の従業員にとっては3階部分、自営業の方にとっては2・3階部分にあたります。
公的年金制度のしくみ
今までの年金との違い
運用と将来受け取る年金額において、従来の年金と大きく異なります。
これまで一般的な年金は、国や企業が年金資産の運用を行い、将来個人が受け取る年金額があらかじめ決められていました。
確定拠出年金は、個人が年金資産を自らの責任で運用し、その運用成果によって将来受け取る年金額が変動するという点で、これまでの年金制度と大きく異なります。
確定拠出年金 確定給付年金
運用者 個人が運用商品を選択し、運用 公的年金は国が、企業年金は企業が運用
受取額 運用の成果次第で、将来の受取額が変動 将来の受取額があらかじめ決定