閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

薙刀・試合用薙刀

薙刀・試合用薙刀(なぎなた・しあいようなぎなた)

弁慶が持っていたことでも知られる武器が薙刀です。長い柄に刃が取り付けられているので、海上での戦いや、騎馬兵(きばへい)に対して地上の歩兵が戦う時に有利な武器として使われていました。その後、鉄砲の登場で戦い方が変化し、戦場で薙刀を用いることは無くなり、主に女性の護身用武道として存続しています。
展示品は試合用薙刀で、柄は樫(かし)、刃部は竹を2枚重ねて作られています。竹は刃の反りを表現してゆるやかに曲げられています。