閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

剣道・竹刀

剣道・竹刀(けんどう・しない)

竹刀制作には真竹(まだけ)が主に使われています。真竹は根元の節間(ふしま)が短く、上に伸びるほど間が広くなり、厚みも差があることから剣先と柄の部分とのバランスが良くなり、最も適した素材と言われています。そして熟練した職人の手によって竹が割られ、油を抜き、形を整え、4枚の材料を1本に合わせて美しい竹刀へと仕上げられていきます。国内産の竹を使い、職人によって作られた竹刀は数少なくなってきましたが、最高の竹刀として高い評価を受けています。