閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

羽織

羽織(はおり)

戦場で鎧(よろい)の上に防寒着として着ていた胴服(どうふく)などが原型とされている羽織は男性用の衣装で、士族の直垂(ひたたれ)や裃(かみしも)といった正式な礼服と普段着との間の略式礼服でした。
明治以降になると身分を問わず、紋を入れた羽織と着物、そして袴(はかま)、いわゆる紋付袴(もんつきはかま)が男性の正式礼服として扱われるようになりました。また、その頃になるとおしゃれに敏感な花柳界(かりゅうかい)などの女性も羽織を着るようになりますが、女性の正式な礼服としては現在も用いられていません。