閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

風呂敷

風呂敷(ふろしき)

「風呂敷」という言葉は江戸時代にできました。銭湯が流行した時、脱衣場に四角い布を敷き、その上で着替えたり、足をぬぐったり、入浴後の道具を包んだりしたことから、風呂で敷く布=風呂敷という名前が定着してきたといいます。
展示品は糸の撚(よ)りによって生み出されるシボ(布の凹凸)が特徴的な丹後ちりめんの風呂敷です。シボは、結んだり解(ほど)いたりすることが多い風呂敷のしわを目立ちにくくさせる効果があり、その姿を美しく保たせることができます。