閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

長火鉢

長火鉢(ながひばち)

手元の暖をとる道具の代表が火鉢です。丸型で陶器製のものや、角型で木製のものが代表的な形です。今回の展示品は長火鉢と呼ばれているものですが、こちらにも関東型と関西型の2つの形状があります。火鉢の口に縁が無い展示品の形が関東型。縁が羽のように飛び出してついているものが関西型です。縁の有無は、火鉢の周りで食器を載せて食事をするかしないかという目的の違いと言われています。炉の横のスペースは、お茶を入れたりするための場所ですが、火の傍(そば)で暖かいからよく猫が寝ている、ということで「猫板」と洒落た名前がつけられています。