閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

涼炉

涼炉(りょうろ)

涼炉は煎茶(せんちゃ)を楽しむ時にお湯を沸かす道具です。炭を入れ火をつけた炉の上に、ボーフラと呼ばれる素焼きの器で湯を沸かします。ボーフラとは、その丸い姿からポルトガル語で「かぼちゃ」を意味する単語から来ているといわれています。煎茶道では、金属製の釜で沸かした湯は煎茶の味を左右してしまうことから、この素焼きのボーフラを用いています。
千葉県ではお茶の葉も多く作られています。現在では千葉県の指定するエコ農産物認定の茶畑もあり、良質の茶葉を産出しています。