s 本店ショーウィンドーギャラリー平成21年 | 本店ショーウィンドーギャラリー | 京葉銀行のCSR | 企業・IR情報 | 京葉銀行

閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

手水鉢

手水鉢(ちょうずばち)

寺社に詣でる時に参拝者が入口で罪や穢(けが)れを清めるために口や手をすすぐ水は手水(ちょうず)と呼ばれ、その水を湛えている場所を手水舎(ちょうずや)といいます。
茶の湯の広まりとともに一般家屋の縁先(えんさき)や庭に、鉢に水を溜めた手水鉢が登場します。手を洗うという実用面もありましたが、その手水に映り込む葉影や、風にそよぐ水面が風景を一層風情あるものにすることから、日本の庭には欠かせない演出物のひとつとして現代家屋にも取り入れられています。