閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

つるし雛

つるし雛(つるしびな)

小さな飾りがたくさん吊るされている雛飾り。これは江戸時代に雛人形を買うことができる裕福な家はまだ少なく、雛人形の代わりに小さな布を集め、娘の節句のために家族が作ったことが始まりと言われています。
ひとつひとつの飾りには意味があり、家族の願いが込められています。展示品は縁起の良い「七宝まり」、神様のお使いと言われている「うさぎ」、女の子を病気や災難から守る「桃の花」がたくさんあしらわれています。