閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

金網細工

金網細工(かなあみざいく)

金網細工の始まりは平安時代にまでさかのぼるとも言われています。この工芸品の特徴は、今も現役で使われている日用品であるということです。
おもに銅線を使います。使用目的に合わせて大きさや網目の形を考え、職人がひとつひとつ手で編みあげます。網目を粗めに編む豆腐すくい、大きな木型を使って作る火鉢用の覆(おお)い網。使いやすいように足を付けた焼き網。美しい網目を活かして飾り篭。金網細工は私たちと共に今日も暮らしています。