閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

ランプ

ランプ

油を用いた照明道具には、油で皿を満たし、芯を入れた簡単なつくりのものや、紙で覆いをつけた行灯(あんどん)などがありました。時が経ち、西欧から様々な物が入って来るようになるとランプが日本の生活に登場します。ガラスの製造技術も進み一般へ普及すると、色鮮やかなガラスを使ったオイルランプが人気を集めました。装飾的にも美しく、ガラス越しにこぼれる灯りはとても柔らかいものでした。その後登場したガス灯や電気の灯りにはない温かさを感じさせます。