閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

ペン

ペン

ガラスペンは明治末期に日本の風鈴職人によって開発されました。硬質ガラスで作られたペン先は、通常の万年筆にも劣らない滑らかで耐久性に優れた仕上がりです。ペン先には細い溝が刻まれていて、その溝にインクが含まれる仕掛けになっています。一度インクを含ませるとハガキ一枚分程度を書くことができます。
ペンに使用している硬質ガラスは高温での難しい細工が必要で、熟練した職人たちによって一本ずつ丁寧に手作りされています。