閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

下駄

下駄(げた)

長い間親しまれてきた下駄にはいろいろな種類が誕生しました。歯が高い高下駄。表に畳を打ち付けた吾妻(あずま)下駄。魚河岸で生まれた、鼻緒が革の小田原下駄。それぞれ用途に応じた工夫や、足元の粋を演出するための装飾が施されています。
軽くて歩きやすい桐下駄は高級品として人気を集めました。履いた時に見える部分だけではなく、表にも彫刻など凝った装飾を施した展示品のような趣向品的な下駄も登場しました。