閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

酒盃

酒盃(しゅはい)

酒盃には、洒落(しゃれ)のきいた仕掛けが施されたものがあります。「透かし盃」は飲み干すと、底面に絵柄が浮き出て、「鶯盃(うぐいすはい)」は小さな穴を吸いながら飲むと鶯のさえずりが聞こえます。「さいころ盃」は付属のさいころの出た目によって飲む量などを決める遊び盃。「八分盃(はちぶはい)」は八分以上注ぐとなぜか底から酒がこぼれ出す不思議な仕掛け。「可盃(べくはい)」は底の穴を指で塞いで使うので、酒を飲み干すまで下に置けないというちょっと意地悪な盃です。