閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

鉄瓶

鉄瓶(てつびん)

鉄瓶の中でも南部鉄器のものが有名ですが、その歴史は江戸時代までさかのぼります。盛岡藩では良質の鉄を産出したことから、藩主南部利直が茶の湯釜を作ってみようと釜師を京から呼び寄せました。これが現在の南部鉄器のはじまりとされています。その後18世紀中頃、鉄瓶が作られるようになり、江戸後期に流行った歌舞伎の人気演目『源氏店』では「お鉄(鉄瓶のこと)は南部で…」というくだりが登場するほど、南部鉄瓶というブランドが確立されました。
現在では、鉄瓶で湯を沸かすと、湯の中に鉄分が出て健康に良い、また、その鉄分により茶の味も良くなるということから改めて実生活で使う道具として見直されています。