閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

匂い袋

匂い袋(においぶくろ)

お香の使い方は中国より仏教とともに伝わったといわれています。仏教が広まると同時にお香も定着し、平安時代には衣服にお香をたき込ませて匂いを移し楽しむ移香や追風という優雅な習慣が貴族の間に流行り、香りを楽しむことが日常的になりました。室町時代には茶道や華道と同じように香道という日本独自の芸道として大成されました。匂い袋とは香料を細かくしたものを和紙や袋にいれて腰や帯につけていたもので、その香料の種類や調合によっては虫除けの効果があり、箪笥や長持、書庫に入れることもありました。現代でも防虫香としてお香が使われています。正倉院にはえび香という匂い袋のようにお香の入った袋が残されていることから、匂い袋の歴史の古さがうかがえます。さりげない香りを楽しむお香や匂い袋は、大切な衣類を守るための優雅な知恵として古来から現代へ受け継がれています。