閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

五月人形

五月人形(ごがつにんぎょう)

端午の節句は元々、端午の「月の端(はじめ)の午(うま)の日」という意味から、五月に限ったものではありませんでしたが午が「ご」という音だったために五月五日になったといわれています。この時期は菖蒲の盛りの季節であることから、「菖蒲の節句」ともいわれます。菖蒲は古来より邪気を祓い健康を保つ力があると信じられており、風呂に入れたり酒に浸して飲んだりする習慣があります。武家社会の鎌倉時代に入ると武を尊ぶという意味の尚武と菖蒲をかけて端午の節句を尚武の節日として祝うようになり、やがて子供の成長を願い兜や鎧を飾るようになりました。現代では子供の日として祝う端午の節句は本来、季節の変わり目に、また田植えという大切な行事に備え、体をいたわり健康を保つための知恵が盛り込まれた行事であったのです。