閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

吉祥文様の初着

吉祥文様の初着(きっしょうもんようのうぶぎ)

お宮参りの赤子の掛け衣装である初着は、赤子の成長と将来の加護を願い縁起がいい「吉祥文」が多用されます。

<初着に使用されている文様>

鷹…………… 強さを象徴し、また高く飛ぶことから運気上昇の願いがこめられています。

松竹梅……… 常緑の松は長寿を、成長の早い竹は子孫繁栄を、梅は五つの花びら「福・禄・寿・喜・財」を表します。

小鼓………… 楽器の文様はその形の美しさから優雅さを象徴します。

矢羽………… 魔除けや招福の意味を持つ破魔矢を表します。

扇…………… その形から末広がりを意味し縁起がよいとされます。

打出の小槌… 金運や財運をもたらすといわれています。