閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

梅に鶯文様の蒔絵皿

梅に鶯文様の蒔絵皿(うめにうぐいすもんようのまきえざら)

蒔絵とは、漆器に漆を用いて文様を描き、金銀粉を蒔いた後、さらに加工研磨することをいいます。文様のモチーフとして使われる動物の中でも鳥は特に好まれて多用されており、梅の木に鶯が止まっている様子は、取り合わせが良いもの、美しく調和するものという意味の慣用句「梅に鶯」にもなっています。