閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

青海波文様の舞扇子

青海波文様の舞扇子(せいがいはもんようのまいぜんす)

舞扇子は舞踊に使われる扇です。室町時代以降に発展した能や茶道と同じく舞の世界でも扇を使い独自の形式を持つようになりました。大きさは9寸5分(約 29cm)と扇いで涼をとるための実用扇より大振りで、舞台用のものは骨に塗りを施します。雲や霞、水などの文様が多く使われます。