閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

手ぬぐい

手ぬぐい(てぬぐい)

手ぬぐいは儀礼装身具として、古代からありましたが、様々な用途で使われるようになり庶民に広まったのは江戸時代からです。文字を用いて描かれた戯画を「文字絵」といい、江戸時代に大変流行しました。手ぬぐいはこのような流行を取り入れ、実用とお洒落を兼ねた生活道具となりました。