閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

半纏

半纏(はんてん)

江戸の町火消しはユニフォームとして半纏を着用しました。背中の文字は町、腰の白線は組(地区)、肩の赤線と文字が階級を表し、ひと目で着ている人の身元がわかるようになっています。祭り半纏も同じく、色や書かれている文字で階級や役割が判るようになっています。