閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

紫

紫(むらさき)

江戸紫:えどむらさき

江戸八代将軍吉宗の頃、武蔵野地方で紫草(むらさきそう)の栽培と、紫染がさかんになりました。この紫は青みが強く、京都の公家文化の中で継承されてきた「京紫」に対して、「江戸紫」と呼ばれるようになりました。

葡萄:えび

野生のえびかずら(やまぶどう)の実にちなんだ色名。現在では葡萄を「ぶどう」と読みますが、昔は「えび」と読みました。

帝王紫:ていおうむらさき

アクキガイ科の貝の内臓を染料として使うので貝紫(かいむらさき)とも呼ばれています。日本では縄文時代から貝紫の染色が行われていたといわれています。

紫苑:しおん

秋に咲くキク科の植物「紫苑」の花の色に由来した色。古くから愛され、女流文学にも数多く登場します。

<助六の鉢巻>

江戸歌舞伎十八番のひとつ「助六由縁江戸桜」の主人公、助六は黒紋付に紅ちりめんの下帯に紫の鉢巻という出で立ちで登場します。鉢巻の色は典型的な江戸紫であり、その姿は江戸の華とされ、大変にもてはやされました。東京の伝統工芸のひとつ、無地染め(浸し染)で江戸紫の鉢巻を再現しました。錦絵は豊国作の市川団十郎が扮する助六です。(豊国 錦絵:国立国会図書館のホームページより画像転載)