閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

朱

朱(しゅ)

朱:しゅ

天然産の朱砂から精製される、顔料・彩色料です。漆器などにも利用され、厄除けの意味があることから神社や仏閣でも多く使用されています。

代赭:たいしゃ

天然の土から作られた顔料の色で、中国の山西省代県産の赭土(しゃど)がよく知られていたため、代赭色と呼ぶようになりました。日本画で木や土にこの色が使われています。

石竹:せきちく

石竹というナデシコ科の多年草で平安時代に中国から日本に入った花の色です。スオウ(蘇芳)を用いて染められたといわれています。

紅:べに

「口紅」として現代でも使われている伝統色の代表的存在です。奈良時代から化粧品として使用されていた「紅」は紅花から抽出されていたので、真紅ではなくやや紫がかった赤が紅色とされています。

牡丹:ぼたん

牡丹の花の色に由来します。牡丹は古くから文様としても取り入れられてきましたが、色としては平安時代にかさねの色目とされてからです。

<赤物>

赤い色をほどこした練物の郷土玩具を赤物といいます。赤い色には疱瘡(ほうそう)除けや回復の力があるとされ、このような玩具がつくられたといわれます。桐のおがくずを原料とし、江戸時代にはすでに制作がはじまっていました。