閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

藍

藍(あい)

藍:あい

代表的な藍染めの色です。江戸時代以降藍染めの技術が発達し、青系の色として定着しました。それ以前は緑系の色目を指すとも言われています。

縹:はなだ

鴨頭草(つきくさ)の花が一面に咲いた花の田を意味するのが元々の由来と言われ、非常に古くからあった色名です。藍だけで染めた純正な青色です。

浅葱:あさぎ

浅い葱(ねぎ)の色に似ていることに由来した色名で、藍で染めた薄い青色の代表的な色です。源氏物語や枕草子にも衣服の色として登場します。

空:そら

晴れた日の空のような明るい青色です。江戸時代にはすでに使われていた色名です。元禄の晴れやかな時代に好まれました。

<房州うちわ>

京うちわ、丸亀うちわとともに、日本三大うちわのひとつとされる房州うちわは、明治時代に始まったといわれます。房総半島に昔から自生していた女竹と呼ばれる竹を使って作られる工程は二十を超え、熟練した職人の技を必要とします。伝統的な藍に染めた布を張ったうちわは、日本の夏の風情を今に伝えます。