閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

仕服

仕服(しふく)

茶の湯が盛んであった武家社会では、武将に仕えた茶道役は異物の混入を防ぐために、自分だけが知っている秘伝の封じ結びを編み出しました。のちに平穏な時代になると、花結びとして装飾化されて現在に至ります。