閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

手毬

手毬(てまり)

鎌倉時代には、大人達が円陣をつくって手毬を投げ合う、という手毬会が盛んに催されました。江戸時代に入ると、大人や子供が家の庭や板床の上で手毬をつく遊び方に変わり、次第に羽根つきとともに女児の正月遊びとして定着します。しかし、明治にゴム毬が輸入され始めた以降は、手毬は観賞用のものとなり現在に至ります。