閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

雛道具

雛道具(ひなどうぐ)

江戸時代、桃の節句が近づくと、女子は雛人形や雛道具を飾り、草餅を行器(ほかい・・・食物を入れて運ぶ容器)にいれ、甘酒を錫(すず)のびんに注いで供える、といった雛遊びをしました。しかし、これは大人達にしてみれば、子供が嫁入りして世帯を持つためのお稽古でもあるという考えもあったようです。