閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

小形角行灯

小形角行灯(こがたかくあんどん)

灯台に風よけの和紙の覆いをつけて作られたのが始まりです。有明行灯(ありあけあんどん)、遠州行灯(えんしゅうあんどん)など種類はさまざまですが、これは寝室や居間など手元に置く、置行灯です。