閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

南部鉄器

南部鉄器(なんぶてっき)

南部鉄器は、現在の盛岡市で江戸時代から作られ始めました。南部藩が茶道の釜を作る釜師を京都から盛岡に招き、茶の湯釜を作りました。その後、茶の湯釜を小さくし、取っ手と注ぎ口をつけた鉄瓶となったことで、南部鉄器として全国に知られるようになりました。
展示品は、明治時代から大正時代にかけて考案された南部型という形で、その胴が垂れ下がったような形は、南部鉄器を代表するデザインです。特徴である霰文(あられもん)といわれる文様は、真鍮(しんちゅう)の細い棒を使い、鉄を流し込む鋳型(いがた)に小さなくぼみを何千とつけてできあがる職人技です。保温性に優れた鉄器は、手軽に鉄分が取れることからも、近年人気が高まっています。鉄瓶を沸かす味わい深い音と、立ち上る湯気があたたかさを感じさせてくれます。