閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

伊賀焼

伊賀焼(いがやき)

熱に強い特性をもち、土の風合いが特徴の伊賀焼は、歴史も古く奈良時代が始まりとされています。当初は日用のお皿やお鍋などが作られていましたが、桃山時代には伊賀国領主のもと、茶道具の水指(みずさし)や花入(はないれ)が焼かれるようになりました。これが後に、川端康成(かわばたやすなり)が日本文化の代表と絶賛した古伊賀(こいが)*です。そして江戸時代になると、再びお皿やお鍋などが中心となり、現在の伊賀焼につながっていきます。
展示品は、伊賀焼の中でも優れた技術と伝統をもつ土楽窯(どらくがま)で作られた土鍋です。ぬくもりのある素朴さを兼ね備えた“ねぎぼうず”という名前のこの土鍋は、使うほどに趣きのある色合いの変化を見せます。寒い日の鍋料理は冬の楽しみのひとつです。

* 古伊賀とは、古い時代の伊賀焼の事で桃山時代に焼かれたものを指します。