閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

本納絵馬

本納絵馬(ほんのうえま)

本納絵馬は、現在の茂原市本納で、江戸時代後期に創業され継承されてきました。本納絵馬を制作する矢部家の五代目である日本画家の矢部宏(やべひろし)さんが、室内装飾用の絵馬という形に発展させました。一枚一枚日本画として手描きされる絵画性の高い絵馬です。
馬は昔から神の乗り物として、祈願する際に奉納されていました。やがて馬の代わりに、精霊が宿ると信じられた木の板に馬の絵を描き、家の形をした屋根型が一般的になりました。
今年は酉年。鶏(とり)は‟明けの鳥”ともいわれ、新しい年に一番最初に鳴くことから縁起が良いとされ、幸せを取りこむともいわれます。展示品の絵馬の鶏のように心あたたまる年にしたいものです。