閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

蕎麦猪口

蕎麦猪口(そばちょこ)

 蕎麦猪口は、猪の口のような逆さ台形の形をした器です。江戸時代に蕎麦屋で、そばつゆ入れとして小鉢が使われるようになり、それが蕎麦猪口と言われるようになりました。形は昔から変わらない手頃な大きさのため、近年では、あらゆる産地の骨董品から現代のデザインのものまで、収集する人が増え、人気があります。
 展示品は、新納虫太郎氏制作の蕎麦猪口と大皿です。鹿児島の桜島と伝統工芸である大島紬を融合させ表現した、黒薩摩焼です。