閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

記憶紙

記憶紙(きおくがみ)

和菓子の木型で和紙を型取ったアート作品「記憶紙」 。 江戸時代から受け継がれてきた木型は、おめでたいもの、季節のものといった題材が多く見られます。その木型に白い手漉きの和紙をあて、長い年月を経た木型の持つ記憶ごと写し取る、ということから「記憶紙」と命名されています。展示品は、佐倉市にアトリエを構える永田哲也(ながたてつや)氏が、特別に製作したものです。テーマは、「千葉の海の恵み」。三方を海に囲まれた千葉の豊かな海の恵みと風光明媚を表現しています。永田氏は、全国各地の菓子匠の蔵を訪ね美しい型を探し出し、数々の作品を制作、発表しています。