閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

反物

反物(たんもの)

京都の宮崎友禅斎により始められた京友禅。
友禅は手描き友禅と型友禅とがあり、手描き友禅の技法は意匠構成を基に雛形を作り、青花液で下絵を描くことから多くの工程を要します。彩色の技術はたくさんの色づくりや、京友禅の特徴でもある内側から外へのぼかし、濃淡の技術とかなりの経験を求められるのです。こうした伝統技術が四季折々の花鳥山水を絹に華やかに映しだし、特に京友禅は、公家や町衆文化に支えられたことから、華麗な図案風模様も多く、他の友禅との大きな違いとなっています。
現在ではその彩色を生かし、ショールや長財布など、着物以外の装飾品にも数多く展開されています。展示品の帯は、濃淡ぼかし技術が生かされた、春の訪れを感じさせるものです。