閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

江戸簾

江戸簾(えどすだれ)

簾の歴史は古く万葉集にも登場します。江戸時代には、江戸城、武家屋敷、神社仏閣、商家などで使われ、やがて庶民にも広がり、浮世絵にも描かれました。 江戸時代には既に簾専門の職人がいたことが、「人倫訓蒙図彙」(じんりんきんもうずい)という文献に記されています。 江戸簾の特色は、竹など天然素材の味わいをそのまま生かしているところにあります。
展示品の簾は、台東区に明治初年から続く江戸簾の老舗「田中製簾所」の五代目職人であり、東京都指定伝統的工芸士として活躍する田中耕太朗さんにより制作されたものです。 伝統に培われた高い技術と、風流で粋なデザインの簾は、現代の生活にもよく馴染んで好評を得ています。