閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

長角皿

長角皿(ちょうかくざら)

<緋色>

植物のアカネの根を原料とする茜染の一種で、最も明るい茜色を緋色と言います。日本では大和朝廷時代より緋色が官人の服装の色として用いられ、紫に次ぐ高貴な色として位置づけられました。
展示品は緋色に白、金、緑の色を使い、大胆に椿が描かれた美濃焼の長角皿です。美濃焼は九谷・有田など他の焼き物産地と多少異なり、一つの焼物様式を持っておらず、美濃 (東美濃地方)で焼かれた器というのが一番わかりやすい説明でしょう。