閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

木象嵌

木象嵌(もくぞうがん)

 木象嵌とは、木の地版に異なる色の木を埋め込み絵画や図柄を作成する技法のことです。
 木象嵌の技法は、奈良時代から使われ当時はノミや彫刻刀を使用して色の異なる木を埋め込んでいましたが、明治時代の中期に糸鋸が輸入されると、象嵌の技法も進歩しさまざまなスタイルの作品が誕生しました。
 展示されている作品は、最も難しいとされる「一枚引き」という技法を用いて作られた千葉県伝統的工芸品に指定されている「楽堂象嵌(がくどうぞうがん)」です。