閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

南部鉄器

南部鉄器(なんぶてっき)

  慶長年間に、盛岡藩主であった南部氏が、まちづくりや文化振興の一環として、盛岡に京都の茶釜職人を招き、茶の湯釜を作らせたものが南部鉄器の始まりで、その後も各地の鋳物師を招き発展していきました。
  各地の大名への贈り物として重宝された南部鉄器は、瞬く間に全国に広まりました。現代でも、一つ一つ熟練の技によって作られ、熱伝導に優れた南部鉄器は、日本のみならず海外でも人気を集める「Made in Japan」の逸品です。