閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

着物

着物(きもの)

  古代から好まれていた淡い黄緑色である柳色の着物は、「万葉集」や「源氏物語」など多くの物語に登場します。
  春の訪れを告げる柳の若葉の色は、幅広い年代が着用できる色無地や訪問着に好まれて使われてきました。戦乱が遠のき、世情が安定した江戸時代には淡い黄緑色の裏葉柳色など、柳色を帯びた色の、微細なバリエーションが生まれました。展示の着物はこの裏葉柳色で染められています。