閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

帯揚げ

帯揚げ

<縹色/帯揚げ>
 つよい青色のことで、ややくすんだ青のことを指し、花田色、花色とも書かれます。純粋な藍染めの色で、紺色が深縹(こきはなだ)に相当し、中縹(なかはなだ)が「つよい青」の縹色とされています。縹色の別名「花田色」の「花」は露草(つゆくさ)の花の意味とされています。展示品は、千葉県伝統的工芸品に指定されている下総染小紋(しもうさぞめこもん)の染物職人 鈴木保雄氏の作品で、手彫りの型ともち米、米ぬかから作る糊(のり)を使用し、全て手作業で作られています。